desioについて

desioは「ものづくり」で新しいものを創造し、世の中の役に立たせることを目指して、2019年1月に設立いたしました。

代表、青木英明は、大手電機メーカーの研究開発、電池事業の技術・新事業開発に従事し、経験・スキルを身に着けると共に、その後、大手機械メーカーの研究所において、スキルを活かした、電動・ロボットに関する新規開発に取り組んできました。昨秋、定年退職に伴い、独自設計での社会貢献を行うため、単身で起業を決意いたしました。

得意な専門技術領域は電動駆動、電池システム、ロボティクスに関する分野になります。得意なスキルはアイデア発想から、世の中にない新しいシステムを考案・企画から実際に機能するプロトタイプを製作することです。

過去の多くの経験から学び・悟ったことは、いくらハイテク技術を盛り込んでも決して使って喜ばれる製品にはならない、ということです。日本の企業はその高い技術能力を過信するあまり、スペックとしての数値性能を競ってきましたが、ユーザーに本当に愛され、使われるものの開発という意味では、大きく後れを取っており、イノベーション後進国になり下がった感を強く持ちます。

やりたいことは、実際に使われるお客様から、「いいものを作ってくれたね」と感謝されることです。そんな、魔法の命を吹き込める、WOW!と言わせるものを作っていきたいと思っています。

「デザイン」の魅力を追求することがその道と思っています。”DESIGN”は意匠的な制作という狭義の意味と、設計というエンジニアリング的な制作も含めた広義の意味も合わせ持ちます。「デザイン」とは、単なる感性を作ることだけでなく、技術に裏付けられた機能を作ることだと思っています。その両方が合わさって「いいもの」ができる、そういった「作品」を創っていきたいと思っています。

青木英明